2013年12月19日

同じ失敗は二度と繰り返さない

同じ失敗を繰り返すのは、自分に甘く、学び成長していない証拠です。

そんな人は、まず人から信用されません。

その人は、非常に不誠実な人だと言わざるを得ません。

なぜなら、同じ失敗を繰り返すということは、注意してくれた人、叱ってくれた人の言葉をきちんと受け止めていない証拠だからです。


相手を尊敬していないから、相手の言うことを聞き流してしまうのです。

失敗を繰り返すということは、人に信頼されることを自ら拒否しているのと同じことです。


人間である以上、誰でも失敗します。

逆に失敗することは、歓迎すべきことです。

新しいことに挑戦している証拠だからです。

大事なのは、その後です。

深く反省し、同じ失敗を二度と繰り返さないように努力しなければなりません。

「同じ失敗を繰り返す失敗」は、致命的な失敗です。

最も大切なもの、つまり信用を失うからです。

「破壊は一瞬、建設は死闘」で、一度失った信用は、なかなか取り戻せません。


新人、いや、社会人として、また人間としてやってはいけないことがあります。

それは失敗の防止策を考えないことです。

ミスや失敗をした際、次から同じようなことが起こらないようにするために、メモや反省ノートにそれを書くべきでしょう。

できない人は、失敗したことを認識するだけで終わってしまいます。

なぜ、しっかり文書化して頭に叩き込まないのでしょう?

とても不思議に思います。

上司や先輩からすると、とても不誠実な態度に見えることだけは間違いありません。

次から失敗しないようにしようとする姿勢が見られないのです。


よく、覚えておいてください。

人間は「忘れる動物」です。

ですから、失敗したら、同じことを二度と繰り返さないようい、しっかりと書いて心身ともに反省し覚えさせるのです。

posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

一流のプロは仕事に人生を賭けている

仕事のプロは何事も一生けん命。

あなたは現在の仕事に、どのような姿勢で臨んでいますか?

生活に必要な収入を得るためですか?

将来、独立するための資金を貯金するためですか?

ある年齢になったら仕事をするのが当たり前だからですか?


もちろん、収入を得ることは仕事の重要な目的に違いありません。

しかし、仕事の意義はそれだけでしょうか。


給料をもらうために、与えられた仕事を漫然と片づけている人と、プロとしての自覚を持って仕事に取り組んでいる人とでは、5年度、10年後に大きな差がつくことでしょう。

私が出会ってきた人たちの中で、プロ意識を持ち人生を賭けて仕事を続けてきた人は、必ず大成長を遂げているのです。


多くの優れた経営者とお付き合いをさせて頂きましたが、彼らに共通しているのは、仕事に人生を賭けていることなのです。


仕事は収入を得るための手段ではなく、仕事その人の人生そのものなのです。

全てが仕事の糧となり、仕事のプロとして、また、人間としての成長につながっています。


一流と言われる経営者は、仕事以外の勉強や遊びも、とにかく一生懸命にやりますから、意外なことで意外な能力を発揮したりします。

仕事に熱心に取り組むが遊びも適当に、という人たちは、大きな成功者とはなっていません。

全てに真剣に取り組むことで人間としての幅が広がり、人に夢と感動を与える仕事ができるのでしょう。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

できる人のもとに飛び込み、「知恵」を広げる

新人だったころ、一時期、成績が伸び悩み、壁にぶつかったことがある。

いろいろとやり方を変えてみるのだが、どうしてもうまくいかない。

悶々とした毎日を送っていた。


あるとき、社内の30代半ばの女性社員が、コンスタントに仕事の成績をあげいていることに気がついた。

彼女は、毎月上位5位以内に入っている。

安定して、上位にいて、トータルで見ると他の社員の何倍も成績をあげていた。

しかし、彼女の働きぶりを見ていると、とても「できる社員」のようには見えない。

定時になればあまり残業をせずにさっさと帰っていってしまう。

そこで、彼女に仕事のやり方を教えてもらうしかないと思った。

毎日、積極的に彼女に話しかけるようにして、人間関係を作ろうとした。

そして、あるとき、一緒にランチに行ったとき、「いつもコンスタントに仕事の成績をあげている秘訣は何ですか?」と思い切って聞いてみた。

すると彼女は驚くほどあっさりと、自分のやり方を教えてくれた。

彼女が言うには顧客との連絡を絶えず取っているということだった。

メール、電話、あいさつの3点セットだそうだ。



上から降ってきた仕事に対して、自分ひとりの力で付加価値をつけようとしても限界がある。

だから、人を「広げる」のだ。

他人からアドバイスをもらい、その気づきをもとに付加価値をつけ、自分のものとして打ち返すのだ。

最近の20代、30代の若者と接していて感じるのは、何でもひとりでやりきろうとすることだ。

周りの人たちの協力を仰ぎ、手助けを得て、自分の力にしていこうとすることが苦手だ。

他人に「教えてください」とお願いすることは、若いあなたにとって勇気がいることかもしれない。

だけれども、怖れていては損だ。

積極的に他人の助力を得ることは、必ずあなたのビジネスパーソンとしての実力アップに繋がるからだ。




posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上から降ってきた仕事を広げる方法

私たちにとってもっとも身近であり、簡単にやっていけるのは、人に着目して仕事を「広げる」ことだろう。

たとえば、上から降ってきて、自分が担当することになった仕事がある。

だが、経験の浅いあなたは、その業務内容に精通していない。

そうしたとき、その分野に詳しい上司や先輩に、「●●さん、あなたの力を貸してください」とお願いする。

彼らからアドバイスをもらって、それをもとに付加価値を高めていくのだ。


ここでポイントとなるのは、もともとは他人からもらったアドバイスであっても、それを自分が加えた付加価値としていけることだ。

自分ひとりで新しい気付きを得ることはなかなか難しい。

だから、人を広げて、さまざまなアドバイスをもらっていくことだ。

ここでまわりの人たちはそんなに親切にアドバイスしてくれるものかと不安に感じる人もいることだろう。

だが、まったく心配することはない。

あなたは会社の社長や役員などではなく、まだまだ経験の浅いビジネスパーソンなのだから、誠意を持って協力を頼んでいけば、頼りにされているとうれしく思い、好意的にアドバイスしてくれるものだ。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

上から降ってきた仕事を広げる(3)

ポイント3「空間を広げる」

空間に着目して、仕事を広げることもできる。

あなたが上から降ってきた仕事に取り組んでうまくいったことがあったら、それをほかの領域に広げていくのだ。

そこでもうまくいくのかどうか、応用がきくのかどうか、を見ていく。


ある新人の営業マンがいた。

彼は私の部下だったが、あるときから営業成績を急に伸ばしてきた。

彼はどんなことをやって成績をあげたか、ということ、この数カ月間、空間を広げることで仕事を広げていたのだ。

仕事が広がると、そこから得られる成果も大きくなる。

結果、営業成績がぐんとあがったのだ。


彼は入社まもないころ、ほかの新人と同じように、やみくもに担当エリアの会社に営業をかけていくだけだった。

そのうち、営業経験が1年が経とうかというころ、彼はあることに気がついた。

売り上げの半分以上が、医療機器メーカーで占められていたのだ。

そこで、彼は自分の担当エリアの医療機器メーカーから、その支社・営業所を紹介してもらい、営業をかけたところ、商品が面白いほど売れたのだ。

自分の担当エリアという空間にとどめず、医療機器メーカーという軸を持ち、営業エリアという空間を広げた結果、仕事自体が大きくなった。


これは営業だけに限らない。

商品開発部に所属していて、ある商品のプレゼンがうまくいったとしよう。

これまでと今回の大きな違いが、パワーポイントを効果的にに使ったことであったとする。

そうであれば、部内のほかの会議の場でも、同じようにパワーポイントの使い方を工夫しよう。

こんな具合に、空間を広げることで仕事を広げる。

うまくいったことがあったら「空間をひろげてみよう」と考えるのだ。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

上から降ってきた仕事を広げる(2)

ポイント2「時間を広げる」

上から降ってきた仕事を広げるためには、時間に着目してもいい。

現在を現在だけで終わらせないのだ。

現在を未来につなげていく。

今、取り組んでいる仕事の時間軸を広げていくのだ。

たとえば、あなたがあるプロジェクトをうまくやり遂げたとしよう。

そうしたとき、そこでほっとして終わりにしていないだろうか。

「来年もまた一緒にやりましょう。次回は新たにこんなことができますよ」という提案を忘れていないだろうか。



新人の頃には、お客様との仕事が1回きりで終わってしまいやすい。

新規の顧客開拓が得意な人は、その後のフォローを怠り、次のお客様、次のお客様へと意識が向かいがちになる。

だから、時間軸の長い付き合いになる既存の顧客=お得意様が生まれにくい。

そういう人たちは入社まもなくは新人らしからぬ営業成績をあげる。

だが、1年、2年とたっていくうちに数字が下がり始めてくるか、営業成績が乱高下してくる。

そのうちに当初は冴えなかった同僚たちが、安定した成績をじりじりと上げ始め、彼らを追い抜いていく。

現在を未来につなげる仕事の広げ方は、とても重要なものだ。

もし、あなたがうまくやりとげた仕事があったら、すぐに「その時間軸を広げることができないか」を考えてほしい。

posted by ホーライ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

仕事を広げる

上から降ってきた仕事をそれだけで終わらせない。

付加価値をつけて打ち返そう。

上からの仕事に、まわりの別のことともつなげ、取り組む仕事それ自体を広げるのだ。

すると、あなたが打ち返す仕事は大きなものとなり、それだけたくさんの「小さな成果」が生まれることになる。

たとえば・・・・・・

●この仕事は、ほかの仕事とセットにしてみよう

●この仕事は、ほかの人の力も借りよう

●この仕事は、ほかの会社とも組んで進めよう

・・・・・・といったことだ。

私はある新入社員に対して「お客様に資料を届けてきて」と指示した。

彼女にとってみれば、それは上から降ってきた仕事だ。

それにどうやって取り組むかが、何度も繰り返すようだが「できる人」になれるかどうかの最初の分かれ道だ。

ここで彼女は「できる人」になっていく片鱗を見せてくれた。

私から言われたとおり、ただお客様に資料を届けてくるだけで終わりにしなかった。

彼女は私に「勉強のためにお客様にいろいろお話をお聞きしてもよろしいでしょうか?迷惑にならないようにしますので」と相談を持ちかけてきた。

私はもちろんOKをした。

すると資料を届けにいくことをきっかけとして、彼女は先方の担当者と1時間近く話し込んできた。

そして「実は3カ月後に新規事業が立ちあがる関係で、人手不足なんです。深夜まで仕事があって体がきつくて」という先方のニーズを聞き出した。

このことを彼女は上司に相談し、業務の受託に結びつけた。

当然、私の彼女を見る目が大きく変わった。

新入社員は毎年、たくさん入ってくる。

そうした中、上から降ってきた仕事を広げ、付加価値をつけて打ち返してくる彼女のような存在は目立つ。

その他大勢の新入社員の中で、頭ひとつ抜け出してくるのだ。

上司からかけられる期待も高くなり、上から降られる仕事もレベルがひとつ高いものになる。

これが1年、2年とたっていくうちに、周りとの差をぐんぐんつけていくのだ。




●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

視点を変える5つのテクニック

(1)「前のめりでないか?」と自問する

仕事を熱心にしようとすればするほど、前のめりになってしまい、周囲の景色が見えなくなってしまうことがある。

熱くなったときほど、まわりを見回してみる。

そうすることで自分を客観視できる。


(2)「他人からすれば」と口にしてみる

誰にも自分の持ち場や立場があり、それに即した考え方をしている。

だから、自分の考えが常に正しいと考えてしまう。

そうしたときに、自分とは違った立場の人なら、自分の考えや行動がどのように見えるか想像してみよう。


(3)日にちを変えて3回見直す

ラブレターは次の日の朝に読み返せという。

熱い気持ちのままで書いたことを「一度、熱を冷ます」というイメージで時間を置く。

時間が許すのであれば、翌日、3日後、1週間後と、3回見直すことで冷静に考えをまとめることができる。


(4)反対意見を想像してみる

自分の考えが通らないのは、必ず反対意見を言う人が出てくるからだ。

最初に自分の考えに反対意見を想像してみる。

すると、まったく違った視点でものごとを見られるようになる。


(5)やるべきことを紙に書いて遠くから眺める

プレッシャーにさらされているときは、どうしても近視眼的になりがちである。

そういうときは、やるべきことを紙に書いて壁にはり、ちょっと遠くから眺めてみる。

時間を置いたり、距離を置くことで、ものごとの輪郭がハッキリしてくる。




●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

視点を変える

上から降ってきた仕事を付加価値をつけて打ち返す。

その方法の1つ目は視点を変える、ということだ。

あなたは会社で電話番を任されたことがないだろうか。

上司や先輩にひっきりなしに電話がかかってきて、その対応に追われる。

自分だって任されている仕事があるのだから、時間をとられて煩わしい。

だが、「できる人」になっていく人たちは、余裕が出てきたところで、視点を変えて仕事に取り組むようになる。

自分の視点だけにとらわれず、一歩引いたところで、俯瞰し始めるのだ。

すると、いろいろな気づきが生まれる。

その気づきが、上から降ってきた仕事に付加価値をつける。

たとえば上司あてに他社から電話がかかってきたとしよう。

あなたが命じられていることは、「電話番をすること」だ。

でも、ここでちょっと立ち止まり、自分の視点から離れてみよう。

電話の相手がたずねてきた会社の上司や先輩の視点に立ってみよう。

それはどんな意味があるだろうか?

視点を変えるということは「他人の立場に立ってモノを見る」ことだけではない。

「自分が立っている場所をちょっと動かしてみる」ということもある。

人はいつも同じ場所からモノを見ている。

それが日々の習慣となり、知らず知らずのうちにそれしかないと思ってしまう。

これでは新しい気づきが生まれてこない。

そこで立ち止まって、立ち位置を少し変えてみるのだ。

すると、これまで見えなかったことが見えてくる。

それが上から降ってきた仕事に付加価値をつけるヒントになる。

具体的には、これまでの自分の仕事の「やり方」を変えるといったことだ。

これまでうまくいった「やり方」であっても、それをちょっと変えてみるといったことだ。

これまでうまくいった「やり方」であっても、それをちょっと捨ててみる。

その代わりに、もっとうまくいく別の「やり方」はないか、ほかの人がやってもできる「やり方」はないかと試してみる。



●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

「小さな成果」を加速度的に増やすコツ

付加価値をつけて打ち返そう。

上から降ってくる仕事を全力でやると、必ず結果が生まれ、それが「小さな成果」となっていく。

このプロセスを繰り返していくうちに、「小さな成果」が貯金されていき、やがてはビジネスパーソンとしての自分を支えてくれるようになる。

入社まもない新人や、担当部署で経験の浅いビジネスパーソンであれば、最初のうちは上から降ってくる仕事を打ち返すだけで精一杯だろう。

だが、いずれ仕事に慣れ、作業的にも精神的にも余裕が生まれるようになってくる。

「できる人」になっていく人は、ここから取り組み方を変える。

ここが大きな違いだ。

彼ら・彼女らは上から降ってくる仕事に対し、付加価値をつけて打ち返しはじめる。

そうすることで、「小さな成果」がたくさん生まれてくる。

それも短期間のうちにである。

プロ野球選手を目指していることを考えてみよう。

最初のうちは、投手が投げてくる球をバッドに当てるだけで精一杯だ。

だが、当てるだけではヒットやホームランにはならない。

どこへ打球を飛ばせばヒットになるだろう。

どれだけ打球を飛ばせばホームランになるだろう。

練習や試合のときは、そう考えてバットを振っていくはずだ。

多くのビジネスパーソンは、投手が投げてくる球をバットに当てるだけで満足してしまう。

まぐれでヒットやホームランを打つかもしれない。

だが、だいたいはピッチャーゴロや内野フライで終わりだ。

いつも同じ結果を出すだけのルーチンワークになってしまい、打撃成績はあがらない。

ここから先に進むためには、どのようにバットを振ればうまくいくかを考えながら、スイングすることだ。

いろいろと試していくうちにヒットが打てるようになる。

それが新しく生まれる「小さな成果」だ。

これは仕事の場合だと、上から降ってくる仕事を、付加価値をつけて打ち返すということだ。

「できる人」は、ある時期からこの作業を始めている。

そして「小さな成果」を加速度的に増やし、その貯金をどんどん膨らませている。

それでは付加価値をつけて打ち返すということは具体的にはどういうことか。

様々なやり方があるが、基本的には下記の4つがある。

(1)視点を変える

(2)広げる

(3)わかりやすくする

(4)楽しんでやる




●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

できる人はみな「小さな成果」の貯金をしている

成功している人は上から降ってくる仕事をやりきり「小さな成果」を積み上げていくことこそが成功への近道だとわかる。

彼ら・彼女らのうち誰ひとりとして、自分の夢に向かい一直線に進んできた人はいない。

どんなに「できる人」であっても、よくよく話を聞いてみると、長い下積みの期間を経ている。

誰もができて誰もがやりたがらない仕事をコツコツと取り組んでいった時代がある。

だが、彼ら・彼女らがそうやって「小さな成果」をためていったころのことは、なかなか表に出ることはない。

なぜなら、それは他の多くの人たちもやっていることであり、とても地味な体験だからだ。

彼ら・彼女らの「小さな成果」の貯金の仕方が半端ではくすごい。

その貯金が大きく膨れ上がっているからこそ、のちの大成功につながっているのだ。



●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●自分を3日で変える自己啓発の方法
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

一流の仕事術●「小さな成果」の貯金がたまるまでは、勝負に出てはいけない

上から降ってくる仕事をやっていれば「小さな成果」が日々、積み上がっていく。

それはまさしく「小さな成果」だ。

だが、ここで焦ってはいけない。

一攫千金を夢見て、元手がないのに大勝負にでてはいけない。

1日にたった10円でもいいのだ。

コツコツと元手をためていくことから始めよう。

勝負に出ていいのは、ある程度の元手を手にしてからだ。


多くの人は、「小さな成果」がたまるまで待てない。

貯金がほとんどない状態で、いまの職場を飛び出し、大ばくちを打ってしまう。

しかし、結局はうまくいかず、なけなしの貯金を使い果たし、また大勝負に出てしまう。

自分のいまの実力以上の仕事をしようとしたり、「もっと活躍できる場があるんじゃないか」と考えて転職したりする。

これを繰り返すと、恐ろしいことにビジネスパーソンとしてキャリアはどんどん細くなる。




●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

一流の仕事術●あせらずに「やりたくない仕事」をやってみる。いずれ状況は変わる

若いときは誰でも大きな仕事の中心になることはもちろん、小さな仕事の中心になることもあまりない。

多くは仕事の末端だ。

ここでよく考えてみなければいけないのは、「まわりから見ると損な役割と思える仕事」をどのようにやっているかを、まわりの人は見ている。

うまくできたら瑣末な仕事をずっとやり続けさせるのではなく、ほかの仕事をさせてみたくなるものだ。

瑣末な仕事を続けさせようと上の人が思うのは、ただ仕事をこなしているだけに人のほうだ。

会社はあなたの強みや、やりたいことだけを評価して入社させたわけではないことを知っておくことだ。

あなたの強みは「行動」を通じてしかわからない。




●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

一流の仕事術●「やりたい仕事」と「やりたくない仕事」

やりたい仕事、やりたくない仕事というものを、よく考えてみると、「その仕事をやりたくない」のではなく、「その仕事をやっていることをまわりに言いたくない」ということのほうが大きいことがある。

誰しも自分をよく見せようとしたがる。

学生時代の友人が集まったとき、「オレ、今度、油田のプロジェクトを任されたんだよね」と得意気に言ってしまいやすい。

しかし、実際はそのプロジェクトの会議資料を作ったり、毎日コピーしたりしている。

そして、その現状については友人に語らない。

結局、やりたくない仕事というのは、まわりから見たときに瑣末に見える仕事なのだ。

一方、やりたい仕事はまわりから見たときに驚くような大きな仕事だ。

そんなことより、社会のためになるか、会社のためになるか、自分のためになるか、という観点で仕事を考えよう。





●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に対する姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

一流の仕事術●自分の好きなことだと、仕事として割り切れないことも多い

「自分は人と接することが好きで、だから接客業を選んだ」という人がいる。

だが、だからこそ、レストランやカフェがうまくいかず、立ちいかなくなる場面もよくある。

何故なら、接客が好きだから、接客を仕事として割り切れない。

たとえば、自分の好きなお客様がくると、ついつい話し込んでしまったりサービスが過剰になったりしてしまう。

横柄な客や失礼なお客さまがくると、いちいち頭にきてしまう。

「これだけやっているのに」と思ってしまう。

しかし、それを仕事と割り切るとお店の売り上げをあげることを何よりも優先し、それに専念することになる。


上から降ってくるような仕事は、あなたの好きでもない仕事であることがほとんどだ。

だからこそ、「仕事本来の目的を見失わずにその役割に徹しやすい。その結果、あなたのスキルを磨き、強みを作っていくことにつながりやすい」といった側面もあることを覚えておこう。


●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。