2014年02月14日

朝の通勤時間を有効に使うことがポイント

会社に着くと、メールのチェックに始まり、電話やファックスへの対応、会議などの仕事が待ち受けています。


情報収集に充てる時間は会社内ではほとんどありません。


1日の仕事を充実させるには、朝の通勤時間を有効に使うことがポイントです。


なぜなら、スピーディーに仕事をこなすために必要なのは、瞬時の的確な判断だからです。


今、世の中で起こっていることを知り、時代の変化を正しく把握することは、意思決定をする際、間違いを最小限にとどめるための最も効果的な方法なのです。


新聞や雑誌だけでなく、時間の許す限り、本もたくさん読んだほうがいいでしょう。


自分ひとりでできる体験は限られていますが、多くの本を読むことで、価値観の違うたくさんの人の体験を知り、新しい考え方や知識を吸収できます。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

取り組み方次第で、どんな仕事からも学ぶことができます

取り組み方次第で、どんな仕事からも学ぶことができます。


同様に、付き合い方次第で、どんな人からも学べます。


このご時世、「仕事ができる人」になるには人種、性別、出身地(国)、年齢、キャリアなど一切関係がありません。


こうした考え方で人と接していると、人は自ずから謙虚になり、誰からでも学ぼうという気持ちになります。




過去にその人が何をしてきたか、どんな実績があったのかということも、現在の仕事には関係ありません。


大事なのは、今、頑張っているか、また、何ができるか、ということです。


過去は過去。今は今、です。


今、結果が出せないようであれば、その仕事をする資格もなければ、報酬を得る理由も無くなります。


結果を出せる人になるには、変なプライドを捨て、まわりの人を師と見立て、どんどん良いところを学び、成長していくことです。


そんな人こそ、本物の仕事人、つまりプロフェッショナルと言えるのです。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

仕事に誇りを持つ

一生懸命に学ぶという姿勢を持っていますか?


かつての私の上司は仕事が無茶苦茶できる人で、その一方(というか当然というか)で実は謙虚な人でした。


私のデスクに頻繁にやってきては、「ちょっと、教えてくれないか」を連発していました。


仕事ができる人は部下からも学ぶ姿勢を持っているのですね。





今は仕事を大いに楽しんでいる私ですが、新卒で入社したての頃は辛くてたまりませんでした。


なんだか、雑用ばかりやらされているような気がして鬱々としていました。


ところが、ある優秀なキャリアコンサルタントにその話をしたら


「私だって、1年近く雑用ばかりやっていたんだ。でも、どんな仕事だって本気でやれば楽しくなるし、力にもなる。」


「雑用は全ての仕事の基本だということを忘れるな。」


「雑用をやる人がいなければ、大事な仕事も完結しない。」


「雑用だって、会社や組織にとって、極めて大事なことだ。」


・・・・・・・・等など。


私は目が覚めました。


コピー1枚を取ることにも工夫の余地がある、というわけです。


posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

セミナー、勉強会に出まくる

仕事をするときは常に努力が必要です。


世の中は刻々と変化し続けていますから、努力をやめた瞬間に時代の流れから取り残されてしまいます。

特に若いころは自腹を切ってでもセミナーや勉強会に参加することをお薦めします。

講義内容はもちろんのこと、受講生同士の刺激も自己啓発に役立ちます。


若いころの初期投資の5000円の差が10年後の50万円の収入の差になります。(こんなに利率のいい貯金って、知っていますか?)




posted by ホーライ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。