2013年07月21日

「傾聴力」を高めるコツ・ポイント・・・(11)

3.声のトーンをどうするか

あいづちや質問は、いきいきした声でするのと、気のない声でするのとでは、印象がまったく違います。

短い言葉である分、はっきりとこちらの心理を映し出してしまうからです。

明るい、快活なハキハキした声はよいイメージを与えます。

話し手から見ると「私の話に乗って聞いてくれている」と映ります。

嫌いな人や、苦手な相手、都合の悪い話を聞くとき、私たちはこうはいかなくなります。

気をつけましょう。


また、淡々とした話し方では印象に残りません。

低い声で、気のない声、ボソボソと活気の無い声でのあいづちは、聞く気のなさを相手に伝えるようなものです。

低い人の声でも、自分の声を意識して輝きを持たせるようにすれば、よい声として相手に響くものです。

ちょっと下腹に力を入れて、温かみのある声を出しましょう。

高い声はびっくりしたり、興奮したときなど、思わずかん高い声になるものです。

これは低い声の人でも同じです。

話し手に刺激を与え、その部分をもっと話してほしいというようなとき、高めのあいづちは効果的です。

地声が高いひとは、落ち着いた温かみのある声が出せるように、練習しておくとよいでしょう。


聞き手が落ち着いていると、話しても落ち着くものです。


●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「傾聴力」を高めるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369888556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。