2014年03月31日

会社をドロップアウトする?

会社をドロップアウトした人たちには、なかなかいい仕事は回ってきません。

40代、50代となれば、なおさらです。

第一に、その年代に対する募集は「できる人」を常に求めている外資系企業が多いので、英語ができなければ、それだけで仕事の幅が狭くなります。

一方、英語ができれば仕事を選ぶこともできますし、高い給料だってもらえます。

まさに、世の中は競争で成り立っていることがわかるいい例です。

そもそも、20代後半から30代前半までにヘッドハンターから一度も声がかからないなら、その人はビジネスパーソンとしての実力、社会人としての魅力に欠けていると自覚したほうがいいかもしれません。

たとえ勤めている会社では高く評価されていたとしても、裏を返せば「その会社でしか評価されていない」ということです。

しかし、英語やマーケティングなど、普遍的な技術や知識、資格を身につければ、今勤めている会社はもちろん、他の会社に転職しても役立てることができます。

どこに行ってもそれなりの待遇を受けられるし、活躍できる場を与えてもらえるはずです。

だから、時間を見つけて勉強するべきなのです。



posted by ホーライ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に対する姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。