2014年04月28日

一流の仕事術●嫌な仕事こそ、率先してやる

コピー取り、書類整理、電話番、会議室の後片付け、単純計算だけの書類づくり、先輩のカバン持ち・・・・・・・。

誰でも若手のうちは、こうした雑用をさせられます。

気乗りのしない仕事が多いでしょうが、目標を達成する人は、目の前にあることを全力でやります。


私が最も役立っているビジネスの経験は、大学を出て最初に新入社員で入ったY社で社長のカバン持ちをやりながら、いろんな方に出合ったことです。

様々な会社のトップやお役所回りに、私は社長のカバンを持って、さらに、自動車の運転手もしながら、様々な人に出会えました。


嫌な仕事、気乗りのしない仕事も、積極的にバリバリこなしていきましょう。

見ていて気持ちがいいくらいに。

そんなやる気は必ず評価され、信用を得て、徐々に大事な仕事、高度な仕事を任されるようになるのです。

本物のプロフェッショナルは、どんなことでも、前向きに全力でやります。

上司や先輩から頼まれた仕事であるのに、好き嫌いで力の入れ具合を決めるような人は、どの道に進んでも将来伸びません。

自己中心的で、わがままだからです。

そんな人は、どんなに頭が良く、優秀そうであっても、周りの人から軽蔑され敬遠されるのは時間の問題でしょう。

誰もついて来ないのです。

あなたは、そんな人に仕事を頼めますか?

posted by ホーライ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に対する姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395684644

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。