2014年05月09日

一流の仕事術●どんなこともシンプルに考える

本当に聡明な人は、何事もシンプルに考えましょう。

できる人は、面倒は問題に直面しても、ものごとを整理してシンプルに考え、シンプルな解決策を見つけ出します。

複雑に考えすぎると、わけがわからなくなり、間違った判断や意思決定をしかねないことを経験上知っているからです。

複雑に思える問題も、シンプルに考えると、もつれあった糸がほぐれるように、問題の本質が見えてくるものです。

たとえば、問題山積みで業績不振の部門があるとします。

よく観察してみると、根本的な原因はメンバーのやる気のなさだったりします。

それがわかったら、やる気を出してもらうための方法を考え、実行します。

メンバーがやる気を出して頑張り始めたら、他の問題も自然と解決され、結果的には業績も急回復したという実際の話もあります。

根本的な問題が解決すれば、残る問題も自然に解決していくことが多いものです。

だからこそ、シンプルに考え、根本的な問題に絞り込んで解決していくのです。


人間は不器用なので、一度に多くのことを考えたりすることはできません。

人によって、できたとしても、集中していませんから、ミスや失敗が起こりやすくなります。

したがって、本当に解決したいのなら、問題はひとつ一つに絞り込んで、集中して対処するのです。

一度に二つ以上の問題を同時に解決しようとすれば、徹底してできませんから、効果は薄れます。

何事もシンプルに考えたほうが、わかりやすく、見えやすくなります。

ですから、複雑そうな問題が起こっても、パニックになる必要はありません。

シンプルに考え、一つひとつシンプルに解決策を実践していけばいいのです。

そうすれば、問題は必ず解決します。

聡明な人は、皆、そうしています。


posted by ホーライ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる人の共通点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。