2014年05月15日

おすすめスキル「傾聴力」を高める・・・(4)

2.「聞いている」とアピールする聞き方


●あいづち+ポイントを繰り返す

相手の話のポイントを繰り返して確認しながら聞く、このような聞き方を、「アクティブリスニング」といいます。

たとえば、次のような表現がそうです。

「なるほど(+)大急ぎで行かれたのですね?」

「やっぱり(+)スキーが一番お好きなのですね」



●アクティブリスニングのメリット

・ 積極的に聞いていることをアピールできる

・ 「よく聞いてくれる」という安心感を与えることができる

・ 確認しながら聞くので、間違いや行き違いが減る

・ 自分の集中力をアップできる

・ 話し手に考える間を与えるので、おだやかに話し合える

・ 人に感謝される(聞いてくれてありがとう!




3.「あいづち+ひと言」で幅を広げる

プラスひと言があいづちのバリエーションを増やします。気持ちを込めたあいづちを打ちましょう。


●あいづちだけではそっけないときに

「そう(+)良かったね。」「なるほど(+)うれしかったでしょう」「そりゃ大変だね(+)でもよくがまんしたね」「ええ(+)本当に助かります」

A. あいづち(+)共感を示すひと言
・ なるほど(+)おっしゃるとおりです


B. あいづち(+)話しての気持ちを代弁するひと言
・ そうですか(+)お困りになりませんでした?


C. あいづち(+)自分の感想や意見
・ そうなんですか(+)私ならそうできなかったかも知れません


D. あいづち(+)自分の感動を伝えるひと言
・ はい、そうなんです(+)本当に助かります

posted by ホーライ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「傾聴力」を高めるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396807798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。